京都でバイアグラを試した結果

40歳を超えた現在は、なぜか下半身が萎えてしまう

20代の頃は、性行為をする場合でも全く萎える事はありませんでした。
30歳位になっても、相変わらず性行為をするだけでかなり興奮し下半身を維持することができた思い出があります。
ところが40歳を超えた現在は、なぜか下半身が萎えてしまうことが少なくありません。
これは単純に、性行為に慣れてきたからとも言えますが、それだけではないでしょう。
具体的には、性行為のスタート時点はかなり下半身が硬くなっています。
ところが、時間の経過とともに少しずつ柔らかくなっていくのがわかります。
女性の性器に挿入したときには、硬い状態を維持することができていますが、少し時間が経過するだけで柔らかくなってしまうわけです。
いわゆる、EDの症状と言っても良いかもしれません。
ただ、厳密にはEDの症状とは若干違う部分もあるかもしれません。
何故かと言えば、EDと言うのは性行為をした時射精をすることができないことが定義として挙げられるからです。
自分の場合には、多少下半身は柔らかくなるものの、最後までできるため特に問題はないと言えるでしょう。

40歳を超えた現在は、なぜか下半身が萎えてしまう射精をせずに終わってしまうケースが少なくありません性行為をするときは必ず必要な逸品