ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

大阪府泉佐野市中庄[奈加美神社(なかみじんじゃ)]までツーリング

奈加美神社の創建時代は不明ですが、平安時代初期と考えられています。 旧の社名を大宮神社といい、この地域の中心の神社でした。 新しい名前の由来は中庄の「な」上瓦屋の「か」湊の「み」を取り 3町合同の願いをこめて名づけられたそうです。 // //

大阪府泉佐野市日根野[日根神社(ひねじんじゃ)]までツーリング

創建の時期は明らかではないが、社伝によると神倭伊波礼毘古命による東征の際、 命が河内から大和に入る時に長髄彦と戦い敗れました。 その際に野原が広がる当地まで退却した命はここで 「日」(天)の神である天照大御神と「根」(黄泉)の神である 須佐之…

大阪府泉佐野市上之郷[意賀美神社(おがみじんじゃ)]までツーリング

意賀見神社は室町時代に建立された神殿は春日造りでは大阪府で一番古く、 1950年(昭和25年)には、国の重要文化財に指定されています。 古来、雨乞、雨に霊験があると伝えられており、祭神も水と雨を つかさどる神がまつられています。 // //

大阪府泉佐野市長滝[蟻通神社(ありとおしじんじゃ)]までツーリング

蟻通神社は、大阪府泉佐野市長滝に鎮座する氏神鎮守社です。 元の境内は、熊野街道(紀州街道)沿いにあり、紀貫之の物語をはじめ、 多くの故事伝承があることで知られています。 蟻通神社には伝説があります。 // //

大阪府泉佐野市南中岡本[船岡神社(ふなおかじんじゃ)]までツーリング

船岡神社は船岡山の北東隅に鎮座し、創建の年月は不明ですが、 本殿の建立は江戸時代後期の伝統を良く残していて、明治期かと考えられています。 天正十三年岡本五郎之に籠り、秀吉と戰ひて敗れ、元和元年樫井川の戰には、 「紀州浅野勢の據りし所なり。」と…