ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

神社

和歌山県有田市宮原町道[宮原神社(みやはらじんじゃ)]までツーリング

道の東山麓にあり、もと「八幡宮」といい、明治6年八幡神社となり、 明治28年に宮原神社と改めました。 十五代天皇・応神天皇と仲姫命の娘の名前は、『古事記』では 「木之荒田郎女」、『日本書紀』では荒田皇女です。 「荒田」は有田郡の村名であるが、一説…

和歌山県有田市箕島[箕嶋神社(みのしまじんじゃ)]までツーリング

箕嶋神社は、古来より烏の杜と呼ばれ、当初は水主神社と称していましたが、 牛頭天皇、祇園社、と名称が変わり、明治三年より箕嶋神社と 称するに至っています。 // //

和歌山県有田市初島町里[國主神社(くぬすじんじゃ)]までツーリング

國主神社は、初島町大字椒里地区の氏神です。 此の神社附近の田畑は、大國主の開拓された由緒ある遺蹟と察せられる故、 班田制で大和河内方面の如く大化革新以来公田とさるべき所で、 境内には以前里字の各所に散在していた小祠を茲に合祀されています。 // …

和歌山県有田市初島町浜[天神社(てんじんじゃ)]までツーリング

天神社は、学問の神様として広く尊崇される菅原道真公をご祭神とし、 古くから有田市初島町浜(旧椒浜村)の産土神として奉斎されてきました。 // //

和歌山県海南市黒江[中言神社(なかごとじんじゃ)]までツーリング

「中言神社」の名称には、神と人との「中」を取り持ち「こと(言)」を行う、 そんな由来があるとのことです。 あえて「言葉」の「言」が使われていることから、 神様の言葉を伝える役割があったのではと言われています。 // //

大阪府貝塚市木積[道陸神社(どうろくじんじゃ)]までツーリング

足の神様の「道陸神社」 「どうろくさん」と呼んで親しまれ、足の神様として信仰されています。 もとは戦国時代に、この地方に勢力を誇っていた蛇谷城主松浦肥前守守が、 その城内に祀っていたものを、廃城後に木積畑の人びとが現在の場所へ 移したものだと…

大阪府岸和田市土生町[土生神社(はぶじんじゃ)]までツーリング

祭神は菅原道眞。ところが由緒書きを見ますと、 堀河天皇の寛治四年正月(約九百年前)、白河上皇熊野御幸の帰途、 隣地の別野村の田中に白蓮の咲いているのを御覧になって、 同所に熊野神社を祀ろうとして暫く当所に蹕を駐め給うていた際に、 本地人民が今…

大阪府貝塚市久保[阿理莫神社(ありまかじんじゃ)]までツーリング

阿理莫神社は貝塚市内で唯一の式内社であり、御祭神は饒速日命、阿理莫公です。 饒速日命の子孫である物部氏の末裔が安幕(アマカ)氏で、 累世阿間河荘の豪族でした。 // //

大阪府貝塚市脇浜[高龗神社(たかおかみじんじゃ)]までツーリング

脇浜戎大社は、今宮戎、西宮戎と並び商売の神として知られていて、 福笹を求める参拝者で賑わいます。1月10日の本戎には 「柴灯大護摩供」が行われ、その後無病息災を願い大勢の人々が 火渡り修行を行います。 境内案内板には、「高龗神社は海神である高龗大…

大阪府貝塚市澤[八品神社(やしなじんじゃ)]までツーリング

八品神社は貝塚市の特産品「和泉櫛」発祥の地、澤地区にあります。 平安時代以前から櫛の神様として崇敬され、社の玉垣には 全国の櫛商店の名が見られます。 // //

大阪府貝塚市王子[南近義神社(みなみこぎじんじゃ)]までツーリング

明治40年から42年にかけて、南近義地域に所在する神社と合祀し、 南近義神社と改められました。 主神の弥都波能売神(みつはのめじん)をはじめ、 丹生都比売神(にうつひめじん)など36の神を祀ります。 // //

大阪府泉佐野市鶴原[加支多神社(かきたじんじゃ)]までツーリング

加支多神社の御祭神は誉田別命(応神天皇・八幡大神)、市杵島姫命、 天児屋根命で、誉田別命は、応神天皇の御神名で「八幡さま」と 通称されています。 神功皇后が新羅を御遠征中、二年間皇后の胎内におられて誕生しました。 「安産の神」「子授けの神」「知…

大阪府泉佐野市上瓦屋[泉州航空神社(せんしゅうこうくうじんじゃ)]までツーリング

関西国際空港の建設を契機として創建され、航空安全祈願と 渡航安全祈願を行っている。正式名称は「泉州磐船神社」 (せんしゅういわふねじんじゃ)といいます。 // //

大阪府泉佐野市中庄[奈加美神社(なかみじんじゃ)]までツーリング

奈加美神社の創建時代は不明ですが、平安時代初期と考えられています。 旧の社名を大宮神社といい、この地域の中心の神社でした。 新しい名前の由来は中庄の「な」上瓦屋の「か」湊の「み」を取り 3町合同の願いをこめて名づけられたそうです。 // //

大阪府泉佐野市日根野[日根神社(ひねじんじゃ)]までツーリング

創建の時期は明らかではないが、社伝によると神倭伊波礼毘古命による東征の際、 命が河内から大和に入る時に長髄彦と戦い敗れました。 その際に野原が広がる当地まで退却した命はここで 「日」(天)の神である天照大御神と「根」(黄泉)の神である 須佐之…

大阪府泉佐野市上之郷[意賀美神社(おがみじんじゃ)]までツーリング

意賀見神社は室町時代に建立された神殿は春日造りでは大阪府で一番古く、 1950年(昭和25年)には、国の重要文化財に指定されています。 古来、雨乞、雨に霊験があると伝えられており、祭神も水と雨を つかさどる神がまつられています。 // //

大阪府泉佐野市長滝[蟻通神社(ありとおしじんじゃ)]までツーリング

蟻通神社は、大阪府泉佐野市長滝に鎮座する氏神鎮守社です。 元の境内は、熊野街道(紀州街道)沿いにあり、紀貫之の物語をはじめ、 多くの故事伝承があることで知られています。 蟻通神社には伝説があります。 // //

大阪府泉佐野市南中岡本[船岡神社(ふなおかじんじゃ)]までツーリング

船岡神社は船岡山の北東隅に鎮座し、創建の年月は不明ですが、 本殿の建立は江戸時代後期の伝統を良く残していて、明治期かと考えられています。 天正十三年岡本五郎之に籠り、秀吉と戰ひて敗れ、元和元年樫井川の戰には、 「紀州浅野勢の據りし所なり。」と…

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町[八王子神社(はちおうじじんじゃ)]までツーリング

八王子神社は明治初期に廃寺となった瑠璃山医王寺の境内に鎮座しています。 医王寺の創建年代は不詳です。 ある記録によれば、「養和元年(1181)に高倉院によって 建立されていましたが、応仁・文明の乱で伽藍は焼失し、 千軒あまりの俗家も難を逃れ、…

和歌山県伊都郡かつらぎ町中飯降[城山神社(しろやまじんじゃ)]までツーリング

城山神社のあるかつらぎ町中飯降の地は、古く縄文時代・弥生時代から 人々が居住していたことが出土した石鏃などの遺物によつて知られています。 平成20年7月、京奈和道路建設に伴う中飯降地区の発掘調査により、 西日本最大の縄文時代の縦穴建物郡が発見さ…

和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷[鎌八幡宮(かまはちまんぐう)]までツーリング

昨日紹介した丹生酒殿神社と同敷地内にある鎌八幡宮を 紹介します。 社はなく、イチイガシの大樹をご神体としています。 明治42年に兄井から丹生酒殿の神社に合祀されました。 // //

和歌山県伊都郡かつらぎ町三谷[丹生酒殿神社(にうさかどのじんじゃ)]までツーリング

丹生酒殿神社は、丹生惣神主家伝来の天野大社周辺絵図(高野山大学所蔵)や 高野山絵図などで、高野参詣道の三谷坂の登り口辺りに描かれています。 丹生都比売神社への参詣道であり高野参詣道の一つの三谷坂の起点に位置し、 三谷坂は、丹生酒殿神社辺りに住…

和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺[八太神社(はちだいじんじゃ)]までツーリング

八太神社は、元、古岡八幡宮と申し、八幡の森と唱え1丁四方の森林これあり。 村中一統尊信仕り村の里北に当りその場は山谷の湿地僅に白砂中の榊を 以って御神体として祀られると古文書に記され、 徳川末期八幡の森に建立の議興り、天保11(1842)年寺社奉行…

和歌山県伊都郡かつらぎ町平沼田[丹生狩場神社(にうかりばじんじゃ)]までツーリング

当地は、高野神社(かつらぎ町上平沼田)の氏子として元は奉祀していましたが、 昭和10年代に丹生神社(かつらぎ町宮本1)の丹生都比売神・高野御子神を 平沼田地区の高所を撰びて社を勧請し、当地の氏神として祀りました。 階段を登って参拝する神社が多い…

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字上天野[丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)]までツーリング

丹生都比売神社は別称として「天野大社」「天野四所明神」ともいいます。 全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社です。 「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一つとして 世界文化遺産に登録されています。 // //

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字下天野[八幡神社(はちまんじんじゃ)]までツーリング

八幡神社の創立年月日は詳らかでないですが『紀伊続風土記』の 下天野のなかで、「村中にあり、一荘の産土神にて、社壮麗なり、 按ずるに天野社(丹生都比売神社)は大社にして、一荘の氏神と なすべからざるにより、当神社を荘の氏神となす」と記されていま…

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字東渋田[蟻通神社(ありとおしじんじゃ)]までツーリング

蟻通神社は天武天皇の時代、唐の高宗から七曲りの玉を献じられ、 これに糸を通して返せと難題をかけられたとき、1人の老人が現れ、 蟻に糸を結びつけ、玉の穴の一端に蜂蜜を塗り、一端から蟻を通しました。 // //

和歌山県伊都郡かつらぎ町大字滝[北辰妙見神社(ほくしんみょうけんじんじゃ)]までツーリング

北辰妙見神社は創建年月日は明らかでないですが、『紀伊続風土記』の 四郷瀧村の中に「妙見社」とあるのが当社で、摂社星宮・鐘楼・拝殿が記されています。 一般的には「妙見さん」と呼ばれ親しまれています。 主祭神「妙見尊」は、北極星と北斗七星つまり天…

和歌山県伊都郡かつらぎ町平[一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)]までツーリング

一言主神社は、善悪を一言でお定めになられる神で天地にわたって 知らないことのない神として、一言主大神をお祀りしています。 神社への道のりは3キロ程狭い山道を走り山の奥に鎮座しています。 // //

伊都郡かつらぎ町大字広口[大宮神社(おおみやじんじゃ)]までツーリング

大宮神社は三尾明神ともいわれ、天正十三年(1585)、 織田信長の高野攻めで焼失しました。 元和元年(1615)の元日、白髪の老人が現われて、 宮司代に社殿再建を告げて立ち去りました。 // //