ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

和歌山市小人町南ノ丁[西岸寺(せいがんじ)]までツーリング

西岸寺の開山は室町時代末期と伝えられ、約450年間の時を経て今に至っています。

 

御本尊阿弥陀仏立像や脇士の観音、勢至菩薩像は共に安阿弥の作で、

 

現在も本堂に安置されています。

 

f:id:twknjvmax:20200303110141j:plain

 

昭和20年、空襲により寺は全焼します。

 

空襲の中、先代住職は降り注ぐ焼夷弾の下、

 

この仏像を境内の井戸に吊り下げ、上から布団をかぶせて火を防いだそうです

 

本堂は大きく新しいものでした。

 

今の本堂と庫裡は昭和52年に、山門は昭和55年に新築されたものです。

 

f:id:twknjvmax:20200303110150j:plain

納骨塔にはびっしり墓跡が敷き詰められています。

 

f:id:twknjvmax:20200303110115j:plain

f:id:twknjvmax:20200303110055j:plain

墓所には、昭和60年4月和歌山市指定史跡になっている「西岸寺の板碑」があります。

 

田辺藩主安藤帯刀の嫡子、安藤彦四郎重能(しげよし)が元和元年(1615)の

 

大坂夏の陣に戦死したのを供養するため、弟・安藤彦兵衛直重が寛永年間初期に

 

建立したものです。

 

当初は大阪一心寺にあったのが移設されました。

 

筆者は単車で行ったので道沿いに停めておきましたが、

 

車で行った場合は駐車場が見当たらなかったので

 

近くのコインパーキングを利用するかたちになるでしょう。

 

↓地図↓

www.google.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/3/5時点)

楽天で購入