ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

和歌山市男ノ芝町[吹上寺(すいじょうじ)]までツーリング

吹上寺は、和歌山西国三十三ヶ所の第30番札所です。

 

f:id:twknjvmax:20200303110546j:plain

 

本居宣長ゆかりのお寺です。本居宣長の養子、本居大平紀州徳川藩に仕え、

 

その一族の菩提寺がここというわけです。

 

本居宣長(もとおり のりなが)は伊勢松阪の人で、

30代の半ばから古事記に関する研究を開始し、35年の歳月をかけて44巻に

のぼる古事記の注釈本「古事記伝」を記しました。

当時は、既に古事記の読み方すら判らなくなっていたため、

現在につながる古事記の研究は、ほとんど全てが本居宣長の成果を受け継いだものと

言っても過言ではないほどです。

 

f:id:twknjvmax:20200303110555j:plain

開基の地は吹上で、寺名の由来となっています。

 

寛永年初、頼宣の命のもと創建された。寛永9年(1632)には、

 

先の国主浅野長晟正夫人が茶毘に付された地(現在地)に移建することになります。

 

なお、夫人の遺骨は一時海善寺に埋納され、元和5年(1619)広島へ移葬されています。


吹上の地から移建された当時は、この地は周辺より高台で眺望良佳、松林があり、

 

炎暑の頃は海風で寝心地満点だったといわれています。

 

f:id:twknjvmax:20200303110624j:plain

 

f:id:twknjvmax:20200303110645j:plain

本堂は大きく綺麗でした。

 

車で行った場合は山門の前に2、3台停められるスペースがあります。

 

↓地図↓

www.google.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/3/5時点)

楽天で購入