ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

和歌山県紀の川市東野[王子神社(おうじじんじゃ)]までツーリング

王子神社は、古くは若一王子権現社と呼ばれていました。


本社は一間社春日造りの社殿に、天忍穂耳命を祭神としてお祀りしています。

f:id:twknjvmax:20200331202235j:plain

 

若一王子とは、熊野権現の若王子のことなので、熊野信仰が盛んになる平安時代末、

 

いまから900年以前の創建と思われます。


祭神の天忍穂耳命は、正式には「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命」という

 

たいへん長い名前の神で、天照大神の日継の御子であり、

 

天孫ニニギノ命の父神にあたり、稲の豊作の霊をもつ神といわれています。

 

 

f:id:twknjvmax:20200331202458j:plain

 

室町時代には、当神社を精神的な支えとして「惣村」が結成され、

 

村人による自治がおこなわれるようになりました。


村の掟や水利問題、それに村の生活などを記した文書が多く残されており、

 

王子神社文書』として貴重な史料となっています。

 

f:id:twknjvmax:20200331204352j:plain

拝殿です。


江戸時代初め、初代藩主の徳川賴宣は隠居所として

 

「陽山御殿」を当神社近くに造営しました。


御殿はまもなく取りこわされたが、賴宣公は当神社への信仰あつく、

 

紀伊風土記』によれば、京都賀茂神社の祭りに用いる賀茂葵や鏡を奉納し、

 

また、賴宣公が外出するとき神社に預けてある杖を

 

うけとって携えたと記されています。

 

車で参拝の際は境内内に車を停められます。

 

↓地図↓

www.google.com

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/3/31時点)

楽天で購入