ケンのトコトコ日記

ゆる〜り旅日記

大阪府阪南市貝掛[指出森神社(さしでもりじんじゃ)]までツーリング

指出森神社は、もともとは貝掛神社と言われていました。
神功皇后三韓征伐の時、ここに舟をつなげて武内宿彌が皇子を
抱いて海辺を逍遥した場所といわれ、応神天皇を祀る八幡宮でした。

f:id:twknjvmax:20200404200315j:plain

 

明治5年に村社となり明治40年11月11日に貝掛神社から指出森神社に改め、
明治43年8月25日に村社谷神社(舞)を合祀しました。

 

f:id:twknjvmax:20200404200359j:plain

 

f:id:twknjvmax:20200404200443j:plain

 

神功皇后三韓征伐の凱旋帰国の際に、忍態王の反乱が起こります。
 
神功皇后は自らは住吉に駐屯して、反乱軍制圧にかかりますが、
 
武内宿彌には南海で、皇子(応神天皇)を守護するように命じます。
 

f:id:twknjvmax:20200404201201j:plain

拝殿です。

武内宿彌が皇子(応神天皇)を抱いて逍遥した浜辺が箱作海岸がとされます。

 

f:id:twknjvmax:20200404201319j:plain

大樹のクスノキが植えられています。
 
幹廻り630センチ、高さ35メートルと存在感があります。
 
駐車場がありません車での参拝の際は注意して下さい。
 
↓地図↓

www.google.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/4/4時点)

楽天で購入