ケンのバイクでトコトコ日記

バイクツーリング日記

和歌山市和歌浦[鹽竈神社(しおがまじんじゃ)]までツーリング

安産、子授けの神、鹽竈神社

大正6年(1917年)、鹽竈神社は玉津嶋神社

 

禊所から神社になりました。

 

鹽竈神社の由来はこの地域で行われていた

 

塩田で塩を焼く釜からつけられたものだそうです。

 

 

f:id:twknjvmax:20200118111049j:plain

 

 

 

主祭神の塩槌翁尊(しおづちのおじのみこと)は、

 

山幸彦(やまさちひこ)と豊玉姫(とよたまひめ)の縁を結び、

 

安産によって子供を授けられたことから、地元では安産の守護神社と

 

知られるようになりました。祠は海風により自然に形成された洞窟で、

 

輿(こし)の窟(いわや)とよばれる岩穴にお祀りされています。

 

f:id:twknjvmax:20200118111112j:plain

 

鳥居を抜けると洞穴になった奥に祀られています。

 

近くには以前紹介した津嶋神社不老橋があります。

 

駐車場はないので隣の玉津嶋神社に停め歩いて2、3分の

 

所にあるので車で行った際にはそこに駐車しておいても

 

いいでしょう。

↓地図↓

www.google.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

楽天で購入