ケンのバイクでトコトコ日記

バイクツーリング日記

和歌山県由良町[興国寺(こうこくじ)]までツーリング

 

興国寺は、安貞元年(1227年)葛山五郎景倫(願性)が

 

鎌倉幕府三代目将軍であった源実朝の菩提を弔うために真言宗

 

「西方寺」として建立されました。

 

f:id:twknjvmax:20200129155049j:plain

 

 

f:id:twknjvmax:20200129155437j:plain

門をくぐり石畳みのみちを通っていきます。

 

f:id:twknjvmax:20200129155824j:plain

本堂へ行く途中に由良守応(ゆらもりまさ)のお墓があります。

 

良守応とは1827-1894 明治時代の実業家。


文政10年生まれ。民部省,大蔵省をへて,明治4年から宮内省に勤務し,

 

岩倉使節団随行して欧米諸国を歴訪

 

7年乗合馬車業の千里軒おこし,浅草-新橋間に30人乗りの

 

2階建て馬車(オムンボス)をはしらせた。19年大日本発動機を設立

 

明治27年3月30日死去。68歳。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)出身

 

f:id:twknjvmax:20200129160511j:plain

門をくぐって5分ほど歩くと本堂に着きます。

 

正嘉2年(1258)心地覚心(法燈国師)が宗旨を禅宗に改め

 

「関南第一禅林」として、末寺143カ寺をもつ臨済宗法燈派の大本山として

 

紀に興国寺あり」と称された名刹です。

 

覚心は永仁6年(1298)に示寂、その後に国師号を授かり、

 

興国元年(1340)に後村上天皇より興国寺を賜ったと伝えられています。

f:id:twknjvmax:20200129161033j:plain

 

拝観料無料

 

駐車場もあります。

 

↓地図↓

www.google.com

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お墓どうしたら?事典 [ 小谷 みどり ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

楽天で購入